新色で登場、iPod shuffle

2008年06月03日

YANKEE ROSE 

VAN HALEN のボーカリスト
デイビッド・リー・ロス
様々なゴタゴタの後
VAN HALEN を脱退して
結成した新バンド(結成当時
スーパーバンドと言われた)の
記念すべき第一作です。

超絶技巧のギタリスト
スティーヴ・ヴァイ
これまた超絶技巧の
ベーシスト、ビリー・シーン

彼ら二人を従えて
デイヴは気合いが入ってます。ヴァイのギターとの会話(?)から
始まるこの "YANKEE ROSE"
その発想に度肝を抜かれます。

デイヴのボーカルはパワフルで
まるで VAN HALEN に喧嘩を
吹っ掛けるような感じでもあります。

この曲が収録されたアルバム
EAT 'EM AND SMILE”の後、
SKYSCRAPER”を発表しますが
その後解散してしまったのは
残念です。
posted by ミヤッチ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
HMVジャパン キッズ kids
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。