新色で登場、iPod shuffle

2008年08月03日

OPEN ARMS じゃなくて SEPARATE WAYS

最近は海猿と聞くと
無条件にこの曲を
思い出してしまいます。

Journey の"Open Arms"

確かにいい曲です。
やさしく雄大な曲が
スティーヴ・ペリー
ヴォーカルにフィットして
名曲に仕上がっています。

でも個人的には
"SEPARATE WAYS"
のほうが好きですね。

悲壮感溢れるキーボード
ヒステリックに絡むギター
そこへスティーヴの
暑苦しいまでの絶唱!

Journeyのすべての能力を
つぎ込んだかのような
過剰さが好きです。

PS:久しぶりにPV観て
  思ったんだけど、
  スティーヴ・ペリーって
  なだぎ武に似てません?
  
ラベル:映画 ロック 海猿
posted by ミヤッチ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
HMVジャパン キッズ kids
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。