新色で登場、iPod shuffle

2008年07月01日

TAKE ON ME

今日はすっきりと晴れて
気持ちいい天気です。
まもなく夏本番ってとこですね。

で、こういういい天気に
あわせて、テンポのいい曲
いってみましょう。

a-ha の "TAKE ON ME"

言わずもがなの有名な曲ですね。
軽快なリズムと甘い声も
この曲を引き立てていますが、
なによりPVがこの曲を有名にした
一因であることは異論がない
ところでしょう。



鉛筆画で描き起こした
アニメでテンポのいい曲の
イメージを膨らましていく、
MTV全盛時に相応しい曲でした。

第二弾の彼らのシングル
"THE SUN ALWAYS SHINES ON TV"
ではマネキンを使って
コーラスやバイオリンの演奏なんかを
イメージさせる手法を使い
再び秀逸なPVを作りました。

もちろん、a-ha の作る曲が
素晴らしいからこそ、
こうしたPVの手法も光ったのです。

全く話尾は変わりますが
ヴォーカルのモートンについて
当時、一つ思っていたことが
あります。

北斗の拳のキャラクターの一人
五車星 雲のジュウザのモデル
じゃないか、
というのが私が当時思っていたことです。

あのリーゼントと
決して大きくはない眼
細面の顔と皮ジャン!

絶対そうだ!
とPVを見るたびに
個人的にその気持ちを
深めています。

ラベル:80’s 音楽
posted by ミヤッチ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | AOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
HMVジャパン キッズ kids
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。